本文へスキップ

プロナーズ認定マンション管理士事務所です 

ご挨拶

写真 (4)

 広島市内で唯一のプロナーズ認定のマンション管理士事務所です。2017年6月から広島市中区八丁堀に事務所を移転しました。お立ち寄りやすくなりましたのでお出かけください。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 管理組合の役員、あるいは理事長に初めて就任したけど何をしたら良いのか、何から手をつけたら良いかと悩まれている新任の役員の皆さん、また何年も理事長や役員を続けているが交代が出来ず今年も継続して役員をやらざるを得ないと悩んでおられる管理組合役員の皆さん、管理組合の運営はかなり負担になってるのではないでしょうか。そのような悩みの解決のお手伝いをさせてください。プロであり第三者であるマンション管理士がお話をお伺いすることで利害関係のない中立的なアドバイスも可能です。そこから様々な課題を紐解いていくことが可能になります。

 また、役員が交代された場合役員の役割がなかなか理解しにくく何をするのかよくわからないという新任役員の皆さんもおられると思われます。役員の役割についての研修等も可能です。役員の業務引継と役割分担を最初に整理しておけば比較的スムースに管理組合運営を行うことができます。とくに監事の役割がよくわからない、また会計は素人なので出来ない等よくお話を伺います。監事のお仕事は会計の監査のみならず業務監査という大切な役割がありますが、一般的に見落とされていることが多い業務です。このようなときに年間の会計監査や事業監査についてもお手伝い、アドバイスをさせていただきます。ぜひお気軽にご一報ください!

 管理組合役員交替の通常総会のタイミングが役員の役割を理解するためには最も大切です。管理組合の運営は単年度で終わるものはありません。継続して管理、執行していくことが求められます。旧役員から新役員への業務引き継ぎを適切にサポートいたします。適切な引継により適切な、継続的な管理組合運営が可能となります。新しく一年交代で役員になられた方も安心して管理組合の運営、理事会の運営が可能となります。大規模修繕など大きな予算執行が伴うものは上記の理由により任期中の決議を避ける傾向がありタイミングが遅れてしまうという話を良くお聞きします。マンション管理組運営のプロであるマンション管理士がサポートすることで的確なタイミングで大規模修繕工事についても発議、提案、決議が可能になり建物の維持にも大変有効です。こういった部分を私にサポートさせてください。

 業務として行うマンション管理会社に業務を委託している場合、管理組合の主体的運営は難しいことが多いのが現状です。管理会社もフロントの担当物件数や能力によって運営補助業務に相当のレベル差があると思われます。担当物件が多いと現場の管理員に大きな権限を渡してしまうことで管理員にまかせっきりになってしまうフロントマンも多く現場での金銭事故の発生する要因にもなるという現実が散見されます。このようなフロントマンに提案を期待することは難しいのではないでしょうか。このような現実に悩まれている役員の方も多いと思われます。マンション管理士が管理組合と管理会社の間に立ち公平な進め方について適切にアドバイスすることで管理会社フロントも定型的な業務を確実、迅速に行うことが可能となります。近江商人によって伝えられている三方よしという(商売の)基本を実現できるのです。管理組合の運営を適切に行うこと、そのお手伝いをさせていただくことが私どもマンション管理士田原事務所の仕事でありコンセプトです。

 具体的には、管理組合が主体的に組合運営を行うため、マンション管理士は管理組合の側に立ち管理会社と管理組合との間をコーディネートし資料の確認や議事録案の確認等業務の進捗を管理、推進していきます。管理組合の継続的な運営を行うためにはマンション管理士の活用は有効です。マンション管理士の活用を理事会でご議論いただければ幸いです。

 メールによるご相談(無料)を随時受け付けさせていただいております。業務案内をごらん頂き、お気軽にご相談くださいませ。ご相談いただきましたら一度詳しいお話をお伺いしその内容により適切な提案、また内容によりお見積りをさせていただきます。提案お見積りまでは当然無償で対応いたしますのでご遠慮なく声をおかけください。お待ちしています。

 当事務所ではどなたが役員あるいは理事(長)になられても独自の経験並びにノウハウ、あるいは独自のネットワークにより、管理組合全体の合意形成を完遂し、継続するためのサポート体制を構築しております。プロナーズとは(有限責任事業組合)マンション管理士プロフェッショナルパートナーズ(代表理事 川原一守氏)の略称で、「プロナーズ認定アドバイザー」とは国家資格マンション管理士試験に合格(合格率7~9%と難関な試験です。)しただけのペーパーマンション管理士とは一線を画し、合格後に、厳しい課題研修を修了し、かつその後も認定のための年間必須課題(継続研修等への参加、関連資格合格、現場実務、講演登壇)が課されており、日々実践的な自己研鑽を続けているマンション管理士にのみに与えられるもので、プロナーズは実務レベルでは日本で最高レベルのクオリティーを誇る即戦力のマンション管理士集団と、業界内外で、高く評価されております。まずメールにて、ご連絡ください。

 また、私は管理会社でのフロント経験を有し様々な対応が可能です。

 メールによるご相談(無料)を随時受け付けさせていただいております。業務案内をごらん頂き、お気軽にご相談くださいませ。じっくりその効果をお見極めください。

バナースペース

マンション管理士田原事務所

〒730-0013
広島市中区八丁堀11-8-6F C-22
TEL 082-577-9034
FAX 082-553-0137
tabara-k@cc22.ne.jp

マンション管理士田原事務所ブログ

アーカイブ

最近の投稿